浮気調査の方法にはどんな種類があるのかについてです。

>>【浮気調査マニュアル決定版】夫の全てを知る覚悟ができたらクリック<<

浮気調査 方法

浮気調査を行う方法として、いくつか種類があります。

 

知っておくだけでも、イメージがついていいかもしれません。

 

 

浮気調査@ 行動調査

 

夫の浮気を調べたいとした時に、夫を尾行したり、聞き込みをしたり、行動を張り込んだりして調べたりする調査方法です。

 

その他色んな情報を収集する事も指しています。

 

行動を調査する事で、色々な事が見えてくるものですよ。

 

刑事ドラマでも、犯人らしき人が浮上してきたら、張り込みをするでしょ?

 

それに近い感じかもしれません。

 

 

浮気調査A 証拠調査

 

何でもそうですが、

 

「しただろう?」

 

と漠然と問い詰めるよりも、証拠を見せて、

 

「したでしょう」

 

と言った方が、相手は言い逃れできませんよね。

 

浮気調査の場合は、だいたいは浮気相手とSEXをしてないかどうかの調査を行いますね。

 

これを「不貞行為」といいます。

 

不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係があり、その関係性に継続性がある場合に不貞行為であると言います。

 

つまり、1回エッチしただけだと不貞行為には値しませんが、何回も同じ相手とエッチしている場合には不貞行為と言う事になるのです。

 

証拠となる写真は、同じ女性と何度もラブホテルに入っていく姿をとらえたものとなります。

 

この何回も同じ女性とSEXをするというのは、やはりダメですね。

 

私も夫の浮気の時に思いましたが、これは許せません。

 

デリヘル嬢や、ソープ嬢となら、また訳が違いますけどね。

 

浮気調査B 浮気相手を特定する調査

 

これは探偵に依頼する時とかに出てきますね。

 

素人が一人で調査するのが難しい場合があります。

 

浮気相手が、旦那の会社関係の人とか、身近な人だったら、

 

すぐに浮気相手を割り出せます。

 

ただ、今は、合コンや、ネットを使った出会いなども多いため、そのような場所で出会った相手との浮気の場合、浮気相手と旦那の接点を見つけずらいので、なかなか浮気相手を特定するのが難しくなってきます。

 

浮気が発覚して、その後、夫婦関係をどうするかとなった時、浮気相手が特定して、身元などが分かっていると、その後の対処法も異なってきます。

 

>>覚悟はできた?浮気調査マニュアル完全版夫の全てを知る覚悟ができたらクリック<<